トップ / 花粉症に効く乳酸菌の種類

乳酸菌で花粉症改善

花粉症に効く乳酸菌の種類

花粉症対策としてはフェカリス菌

花粉症には、乳酸菌が効果を表します。ですが、乳酸菌といってもいろいろな種類があります。そのどれもが花粉症に効果があるわけでありません。ここからは、花粉症に効果的な乳酸菌をご紹介します。

有名なのはフェカリス菌です。花粉症のおもな症状である鼻水や目のかゆみを抑えてくれ、アレルギー作用が改善する効果が認められています。これ以外にも、アレルギーの原因「Th2細胞」の働きを抑えるL‐92乳酸菌や、免疫力を高めるKW乳酸菌、ビフィズス菌bb536やビフィズス菌LKM512、LGG乳酸菌、L-55乳酸菌も花粉症改善に役立つ乳酸菌として知られています。

なお、ビフィズス菌L-55乳酸菌やLGG乳酸菌、L-55乳酸菌はアトピー性皮膚炎の症状も和らげてくれるとされています。花粉症とアトピーにダブルで悩まされている人は、ますます要チェックです。

このように、花粉症に効く乳酸菌はいくつもあります。ですが、大事なのは摂取し続けること。すぐに飽きてしまったり、間がたびたび空いたりするようでは、高い効果は期待できません。乳酸菌は薬のように即効性があるものではないので、摂取し続ける必要があるのです。その代わり、一度体質が改善すれば、その状態を長続きさせることができるでしょう。

乳酸菌の入っているヨーグルトを食べ続ける、もしくはサプリを飲み続けることで、花粉症を改善するだけでなく、腸内環境を整えて便秘や肌トラブルを改善することができます。内側から体質を変えていくことで、花粉症に負けない体になれるのです。

乳酸菌は、少なくとも、継続して1ヵ月から2ヵ月は摂取しましょう。また、花粉症のシーズンが始まってから摂取するのではなく、シーズン到来の1ヵ月くらい前から摂り始めておくと、体質改善もスムーズです。

Copyright © 乳酸菌の花粉症改善効果. All rights reserved.