どこで冊子を印刷できるか探してみる

リーフレット、カタログ、写真集、小説、漫画、そんなオリジナルな一冊を作ってみたい方にご案内です。一昔前ならば町のこぢんまりとした印刷屋さんなどが主でしたが、現在は場所も方法も自分で選べるのが当たり前になっています。インターネットを使用し、制作したデータを印刷会社のホームページ上に送れば簡単に印刷から発送までを行ってくれます。時間も手間もほとんどかからなくなったことでコストダウンに繋がり低価格な作品を制作することが可能となっています。もちろん、印刷会社に原稿を直接持って行き、冊子の形にして貰う事もできます。初めて自分で冊子を作る方は、直接、印刷会社に持ち込んで入稿の依頼をした方が、制作過程での間違いや齟齬が生まれにくいので慣れるまではそうした方法をおすすめします。ぜひ、ご自身に合う印刷会社や入稿方法を探してみてください。

デジタル入稿と直接入稿はどんな違いがあるのか

前述した通り、現在は入稿、修正・編集、印刷、発送、入金までの手順をパソコンの前にいて全て完了させる事が可能です。デジタル入稿のメリットといえば、インターネットの普及によるものも大きいのでしょうが、印刷会社のコスト削減がひとつの理由として挙げられます。原稿データを指定された形式にして入稿すれば、その後の流れはシンプルで、元々不明瞭になりがちな修正・編集作業もなく、その分依頼主へのコストメリットを提供することが可能になります。印刷会社によっては修正・編集自体も無い場合があります。直接入稿はその名の通り、原稿を直接、印刷会社などに持参して入稿することです。自身で原稿を携えて足を運ばなくてはならないので、時間と手間がかかります。しかし印刷会社によっては仕上がりに関する要望をスタッフと細かく打ち合わせができるのでクオリティの高いパンフレットや冊子を仕上げることができます。

オンデマンド印刷とオフセット印刷はどんな違いがあるのか

パンフレット、冊子などの本の原稿が整えば、次は印刷過程に進む事になります。その時に、オフセット印刷かオンデマンド印刷のどちらかの選択肢が浮上します。そこでその二点はいったいどんな違いがあるのかというと、オフセット印刷は版を作りゴムブラケットなどに転写をしてから印刷するという方法です。版を使用すれば同じ物を繰り返し印刷することができるため、大量に作りたい場合に適した印刷方式です。主に新聞や書籍などの作り方です。オンデマンド印刷は、原稿データを印刷機にダイレクトに読み込ませ、複写・製本までを一貫処理する印刷方式です。版を作らずに印刷するので少量からの印刷に最適です。メリットとしてオフセット印刷は版を作る事で細部の再現性が高く、オンデマンド印刷はそれにはやはり劣ってしまいます。けれどコンビニや家庭用プリンターとは格段に違い、一般的に営業している商業印刷レベルに仕上げてもらうことも実現できます。