お得に冊子を印刷するにはこの方法

冊子と聞くと、本と何が違うのかと思う人は多いのではないでしょうか。それもその筈です。冊子とは、書物や本と同じ意味を持っています。つまり、同じ言葉なのです。冊子は大きく3つに分類されます。まず、無線綴じです。これは糊で印刷物をまとめた物で、漫画本や文庫本などが該当します。次に中綴じになりますが、これはホチキスで印刷物をまとめた物になります。最後に平綴じですが、これは無線綴じと中綴じを合わせた様な物です。つまり、糊とホチキスを用いて印刷物をまとめた物です。もちろん、手間もかかりますので費用も一番かかるものになります。その反面、しっかりとしていますし、耐久性も高くなっています。冊子を印刷するときは、基本的に業者に頼むことになりますが、費用の事もありますので、業者選びは大切になります。

冊子の印刷にかかる費用について

冊子を印刷してくれる業者は、たくさんあります。中には安い金額で行ってくれる所もあるでしょう。しかし、安いだけで飛びついてはいけません。安かろう悪かろうの業者がいないとは言いきれません。冊子の印刷は、さまざまな要因で費用が変化し、ページ数や部数などによって大きく異なってきます。また、部数が多ければ単価が安くなる業者もあります。次に、大きさも大切です。A4サイズなのかB5サイズなのか、もっと大きいのか小さいのか、それによっても変化します。使う紙も、厚くなれば高くなります。写真などが入っている場合、ある程度の紙を使用しないと、綺麗に映りません。また、製本方法によっても変わってきます。安価なのは中綴じや無線綴じになりますので、ページ数に合わせて選択していきましょう。

冊子の印刷に掛かる費用を抑える為には

では、冊子の印刷にかかる費用を抑える方法について見ていきましょう。ページ数や部数が多ければ、もちろん高くなります。こればかりは工夫次第でどうにかなるものでもないので、次を見ていきましょう。大きさはA4が最も安価だと言われています。よく目にする冊子は、A4サイズのものが多いです。次に紙ですが、もちろん薄い紙の方がコストを抑えられます。カラーよりもモノクロです。内容も、シンプルな方が費用はかかりません。また、部数が少ない場合などは自分で印刷する方法もあります。場合によっては業者に依頼するよりも安くできますが、出来上がりの違いはどうしても出てきてしまうでしょう。業者に依頼するのであれば、見積もりを無料で出してくれるところがほとんどですので、見積もりを出してもらった上で検討してみてください。